factoryzoomer

blog

ファクトリーズーマの全ての最新情報一覧。

60th exhibition factory zoomer – sunny and cloudy –

2021.07.29 gallery exhibition

2021.08.13 fri.- 09.12 sun.
12:00→18:00

music:
clap your hands say yeah / sunshine and clouds(and everything proud)

photo by suzuki shizuka



Sunshine & Cloudy


「Life has its sunshine and its rain, its days and its nights its peaks and its valleys.――人生には晴れもあれば雨もある。昼もあれば夜もある、山もあれば谷もある」
これは、幼い頃、ベッドの中でかぶりついて読んだスヌーピーの漫画からの言葉である。つまり生きていれば楽しい日も辛い日もあるもんだ。という意味なのだが、そんなことは何度となく聞かされてきて、わかっているのだが、今年は、こんなシンプルな言葉が幾度となく浮かんでくる。
長雨の後の太陽の光はどんなに眩しいのかと、庭の植物たちを眺めて思う。伸び放題の蔓、また背が高くなっている紫陽花、今年も一輪しか咲かなかった泰山木。この2年ですっかり変わってしまった人間社会に対して、どこ吹く風としっかりと根をおろすものたち。今必要なのはそんなことかもしれない。天気のこと、庭の植物のこと、動物たちのことなど、私が日々の暮らしから感じる、とても個人的な思いをグラスの上に綴っている。それが、ひとりでも多くの方と共感できるようなら、そんな幸せなことはない。
今日も晴れのち曇りで少し雨。
辻和美




●展覧会期を「sunny」「cloudy」に分けて開催いたします。通期でご紹介する作品の他、それぞれの会期テーマに合わせた作品もご覧いただけます。
sunny:8/13(金)– 26(木)、cloudy:8/27(金)– 9/12(日) 
8/13(金)・14(土)・15(日)、8/27(金)・28(土)・29(日)の日程につきましては、事前ご予約のお客さまのみのご入店とさせていただきます。
※ご来店予約については、ホームページ・インスタグラムにて告知をさせていただきました。受付は終了しております。ご了承下さい



辻和美 経歴

1999年金沢に、ガラス工房factory zoomerを設立。ガラス器の新しいスタンダードを目指し、デザイン・制作を行う。その後直営店factory zoomer / shopをオープン。2009年金沢市文化活動賞。2010年〜2016年まで生活工芸プロジェクトディレクターを務める。2016年factory zoomer / galleryをオープン。

8月のお休みのお知らせ

2021.07.20 calender

ショップとギャラリー、8月のお休みのお知らせです。
5月より両店舗とも営業時間が変更になりました。
ご来店の際はご注意ください。

引き続き、感染予防のため店内の人数を制限しながらの営業となりますので、状況によってはお待ちいただくか、少しお時間をあけていらして頂くようお願いする事がございます。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

各店舗の営業時間と定休日は下記の通りです。
・/shop 12:00-18:00 毎週火曜・水曜定休
・/gallery 12:00-18:00 毎週月曜定休(月曜が祝日の場合は火曜)


/shop   (犀川沿い) 
8月3日(火) 定休日
  4日(水) 定休日
 10日(火) 定休日
 11日(水) 定休日
 17日(火) 定休日
 18日(水) 定休日
 24日(火) 定休日
 25日(水) 定休日
 31日(火) 定休日

                                                                                       

/gallery   (21世紀美術館横)

8月2日(月) 定休日
 10日(火) 展示切り替えのためお休み
 11日(水) 展示切り替えのためお休み
 12日(木) 展示切り替えのためお休み
 16日(月) 定休日
 23日(月) 定休日
 30日(月) 定休日




・松林誠 展  7/9(金)〜 8/9(月)
・factory zoomer 展   8/13(金)〜9/12(月)

岡林尚子さんのバック

2021.07.19 shop blog

もくもくとした入道雲が元気に空に浮かんでおります。夏がやってきました!
現在、/galleryで展覧会中の松林誠さんに際して、7dayshotelからは、高知のおいしいものが届いております。そして、現在販売中のスコーンは高知のmietteさん、先日高知から届いた岡林尚子さんのバック。今、factory zoomerは高知が熱いです!
今日は、岡林尚子さんのバックのご紹介を致します。

岡林さんのバックは、チクチクと手縫いで作られており、とてもきれいな縫製は、裏を返しても使っていただけるほどです。カーキ色テント地のバックは、中が鮮やかなブルー。ちらちらとブルーが見えてキュンとしてしまいます。2つのベージュ色のバックは、とてもしっかりとしたフランスの麻布で作られており、この風合いは古布好きにはたまりません。どのバックも中にポケットがついており、共布付き。もし、穴が開いてしまった時には、この共布で繕って欲しい。。。そんな岡林さんのバックを大切にする気持ちが伝わってきます。
とても使いやすい大きさで、ひょいっと腕にかけて鏡を見てしまいます。ぜひ店頭でお手に取ってごらんください<y>

夏におすすめのお品が届きました。

2021.07.18 /shop

梅雨があけて、日射しの強さが夏を感じさせるこの頃ですね。

夏バテ気味になる前に、毎日の食卓やお茶の時間にぴったりなお品が入荷しております。

たまちゃんのらっきょ、M’sキッチンのブルーベリージャム、機石荘からフリュイベールの茶葉が

/shopの店頭にてお買い求めいただけます。


たまちゃんのらっきょ

去年に引き続き、お待ちいただいていた方、お待たせいたしました!

鳥取県福部市のらっきょを、一粒一粒丁寧に手剥きして甘酢漬けにされています。

夏バテ気味になりがちなこの季節におすすめです。



M’sキッチンのブルーベリージャム

毎朝のヨーグルトやパンにかけても、

おやつに食べるホットケーキやアイスクリームに添えて食べても絶品です!

ブルーベリーの粒がしっかり残っている贅沢なジャムです。


機石荘からフリュイベール茶葉

煎茶をベースに、乾燥させた、キウイ、白桃、スイカの果実が入っており、

すっきりとフルーティーな香りが広がる、とても美味しい煎茶です。

夏は水出しでアイスティーにして冷蔵庫に常備される方も多いほど!

いつものご自宅で過ごす時間にプラスしてお楽しみいただけたらと思います。

ぜひお試しください。店頭にてお待ちしております。<m>

8月の中国茶稽古のお知らせ

2021.07.17 shop blog

先日は、/shop2階で6月の月乃音中国茶稽古が行われました。
今回のお稽古のテーマは5月のお稽古に引き続き中国・福建省北部の武夷山。
武夷山は、烏龍茶の名産地ですが、6月のお稽古では、武夷山を流れる九曲渓の先には「星村鎮桐木関」という世界の紅茶発祥の村があり、その星村で伝統的な製法で作られている桐木伝統正山小種(ラプサンスーチョン)と、今を感じる果実香紅茶の2種をいただきました。

先ほども記載いたしましたが、星村鎮桐木関という関所が紅茶の発祥の地と言われ、500年以上も前にラプサンスーチョンが生まれました。そして今もなお、紅茶の製法を受け継ぎラプサンスーチョンの歴史を静かに守っています。その甲斐あって、今再び国内外で注目を集めるようになったこの20年だそうです。
松を燃やしその燻された煙で茶葉に香りをつける、伝統を守って作られた桐木伝統正山小種と、汚染のない自然保護区の竹林の中に茶樹が点在し、その竹葉の露が茶樹を潤して作られた、新工芸桐木紅茶の飲み比べは、500年以上もの伝統の重みと、いま、求められている有機的で淡やかさを体験することができ、とても不思議な感覚が五感を通して身体の中を巡っていきました。

中国茶を通して、自分の知らない世界を、また今まで味わったことのない感覚を体験することができます。次のお稽古は8月にございます。ちょっと気になられた方、その直感を体験されてみませんか。ご参加をお待ちしております。

8月7日(土)13時の部(満席) 16時の部(残2席)
8月8日(日)11時の部(残1席)14時の部(残1席)

参加費:6,000円


○ご予約、お問い合わせはfactoryzooomer/shop tel 076-244-2892
または、info@factory-zoomer.com までご連絡ください。
※ショップ定休日:火・水

factory zoomer展 についてのお知らせ

2021.07.16 gallery blog

factory zoomer /galleryでは、8/13(金)より factory zoomer sunny and cloudy展を開催致します。
今展覧会は、会期を二期に分けて開催いたします。
通期でご紹介する作品の他、それぞれの会期テーマに合わせた作品もご紹介予定です。

前期 sunny:8/13(金) – 26(木)
後期 cloudy:8/27(金) – 9/12(日) 

◯ご来店について
8/13(金)・14(土)・15(日)、8/27(金)・28(土)・29(日) は、事前ご予約のお客さまのみのご入店とさせていただきます。
メールにてご来店のご予約を承らせていただきますので、ご希望のお客様は、下記の内容をお読みいただき、お申し込み下さい。
※お申し込みは終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【 ご予約方法 】
ご希望の方はメール(order@factory-zoomer.com)にてお申し込み下さい。
お申し込み1件につき1名さまのご予約となります。
件名を【 f.z.展 来店予約 】としていただき本文へ下記の内容をご記載ください。
①お名前
②当日ご連絡の取れるお電話番号
③ご希望日時(第3希望まで)
日程:8/13(金)・14(土)・15(日)・27(金)・28(土)・29(日)
時間:12:00 – 12:50 / 13:00 – 13:50 / 14:00 – 14:50 / 15:00 – 15:50 / 16:00 – 16:50 / 17:00 – 17:50 / 希望なし

【定員】
各回、3名様までご入店いただけます。

【 受付期間 】
7/23日(金)12:00~27(火)18:00 
※先着順ではありません
※受付期間外のお申し込みは無効とさせていただきます。

ご予約いただけたお客様へは、7/28(水)18:00までにご返信いたします。
こちらからのご返信の有無をもってご予約結果とさせていただきます。ご了承下さい。(必ずorder@factory-zoomer.comからのメールを受信できるよう、設定のご確認をお願い致します)

※ご希望の日時が重なった場合は、抽選とさせて頂きます。
※上記で記載してくださった希望日時以外でも、期間中ご予約可能な日時があった場合にご予約を希望される方は、お手数ですがその旨お書き添え下さい。

個性のある線

2021.07.15 gallery blog

短い梅雨も明け、北陸地方にも本格的な夏がやってきました。
/galleryに展示された松林誠さんの作品には、明るい太陽の日差しがよく似合います。

factory zoomer /galleryでは2度目となる展覧会。
今回、打ち合わせの為に松林さんのアトリエにお邪魔した辻が惹きつけられたもの。それは「ハッチング」を用いた作品でした。絵を描かれたり、図面を引く方には馴染みのある言葉ですが、それ以外の方にはあまり耳なれない言葉ですよね。
辞書を引いてみると…

ハッチング(hatching)ー 元々、“細かい平行線を引く”という意味の英語。
1.絵画、版画などにおける線影。
2.ある指定された範囲を斜線や特定の模様で埋めること。またはその機能。製図の分野で利用される。網掛け。

と、あります。
それを踏まえて松林さんの作品を拝見すると、なるほど、たくさんのハッチングが見えてきます。


額装されたハッチング作品。白くペイントした紙の上に描かれています。
水色のハッチング。スイスイっとキャンバスの上を走る線が心地よい作品です
今回、唯一の版画作品のとなる、ハッチングガール


松林さんの作品の中に見えるハッチングの線1本ずつに注目してみると、ちょっと太いもの、細いもの、少し自信なさげにゆらゆらとしていたり、意志の強そうなビシッとした線、時には自由に動き、線の途中から文字になったりと、実に個性豊かです。
とても賑やかなこの線たちを集合させたハッチングの作品は、少し離れて作品全体をみると、クローズアップして見ていた時とはまた別の表情が見えてきます。それは、どこかクールでちょっとドライな印象。
絵画の作品は、見る人によって印象や感想などがそれぞれ違ってきます。
そんなところも松林さんは面白がっていらっしゃるのではないかなと思いました。

ぜひ、店頭にて、近づいてみたり距離をとってみたりと、鑑賞していただけたら嬉しいです。

ギャラリーがまるでハッチングの作品になってしまったような、ウィンドウのドローイングもぜひ併せてご覧ください。



また、犀川沿いの/shopでは、松林さんがアートワークを手がける高知の7デイズホテルさんから、松林さんの作品をプリントしたお菓子缶「Room Voi」や、高知の美味しいものなどもご紹介中です。

ギャラリー、ショップにて、皆様のお越しをお待ちしております。
(n)

59th exhibition
松林誠展
2021.07.09 fri. – 08.09 mon.
12:00 – 18:00

ARTS&SCIENCE 7月のアイテムのご紹介

2021.07.13 shop blog

梅雨明け間近でしょうか。汗ばむ陽気の日が多くなってきました。
ARTS&SCIENCEより、7月のアイテムが届いております。今季最後のご紹介になります。

ITEME : Button front nosleeve gather dress
MATERIAL : FLOWER NET fine cotton lawn (cotton-100%)
COLOR : Vintage gray , Vintage blue
SIZE : 1


ITEME : Relax shirt OOP
MATERIAL : FLOWER NET fine cotton lawn (cotton-100%)
COLOR : Vintage gray , Vintage blue
SIZE :gray 1 , blue 3

小花を敷き詰めた様なFLOWERT NET柄は、A&S定番生地に、染料を用いて手捺染 (ハンドプリント) されています。このA&S定番のコットン生地は、超細番手単糸規格のローン織物です。ローンとは、肌触りがとても滑らかなのが特徴で、糸が細くなるほど、生地はより滑らかで柔らかくなっていきます。
そして、このA&Sのローン織物は、小さな結び目や、糊のカスがあると糸切れを起こす為、手間をかけて一本糊付けしたものを、織機にて超低速でゆっくりと織り上げた、職人の技術がこもった特別な生地です。とても薄くて軽やかで上品な透け感のある素材ですので、通気性が良く、見た目にも涼しげなので、暑い夏でも快適に着用していただけます。肌につかず離れずの程よいシルエットは、軽やかに風をまとっているようなサラッとした着心地。日本のじめっとした夏に大活躍しそうです。


ブログやインラタグラムなどでご紹介したお品物は、詳細説明をさせていただきまして通信販売もいたしておりますので、こちらまでお問い合わせくださいinfo@factory-zoomer.com TEL:076-244-2892 <y>


松林誠展スタートいたしました。

2021.07.10 gallery blog

梅雨らしいお天気が続いて、/gallery前の紫陽花は嬉しそうに生き生きとして見えます。

7月9日(金)から/galleryでは、3年ぶりのご紹介となる高知の松林誠さんの展覧会がスタートいたしました。初日には展覧会を心待ちにしてくださっていたお客様が多数ご来店くださり、みなさま松林さんにもご相談しながら作品をお選びくださいました。

今回のテーマは「ハッチング」。
ハッチングとはたくさんの平行線を書き込む描き方のことで、松林さんの版画作品などでは塗りつぶしたりする箇所にも用いてこられた技法だそうで、展示中の作品の多くに様々なハッチングが用いられています。

/galleryのガラス面には松林さんがドローイングされた、大きなハッチングが登場いたしました。

ぜひ、この勢いのある線の迫力を間近にご覧ください。
ご来店お待ちしております。
(n)



59th exhibition matsubayashi makoto

2021.06.27 gallery exhibition

2021.7.9 fri.- 08.9 mon.
12:00→18:00

music:
zappa/mothers / meat light


photo by suzuki shizuka



ハッチング


画家は同じ形や線を自分の制作の中で何度も登場させる場合がある。松林さんの作品にもお花、果物、家など、彼の日常を表すシンボルのようなモチーフが繰り返し使われる。その中で、私が気になっているのは、線と線の交わりで生まれてくる地図のような部分だ。どうやら、この表現には名前があるらしく、「ハッチング」だよ。と教えてくれた。幼いころは漫画、学生時代に版画に出会う。エッチングで黒さを作るために、平行な線を交差させて描くハッチングは、このころから始まり、いまでは、松林絵画の重要な表現の一つになってきている。「可愛い!」と言われがちな彼の絵の、どこかに隠した現実や、ひょっとしたら闇の部分を、この縦と横の線を何度も何度も描く行為から感じるのは、ちょっと突飛だろうか?人の暮らしにおいて、光の部分があれば、必ず影もある。その影や闇によって支えられている、真ん中の部分(主体)。そんなことを考えると脇役であるハッチングから目が離せなくなった。                辻和美


●展覧会に合わせ、犀川沿いの /shopにて高知 7days hotel のお菓子缶 Room Voi を販売いたします。



松林誠 経歴

1962年 高知県高知市生まれ
1986年 創形美術学校研究科版画課程修了
2000年 パリ国際芸術会館に一年間滞在し活動
2003年 セブンデイズホテルプラスのアートワーク

pagetop