factoryzoomer

blog

ファクトリーズーマの全ての最新情報一覧。

本日よりlight years展スタートしました

2022.01.14 gallery blog

昨日の雪模様から一転、雲の隙間から青空がのぞく金沢です。
本日より、広坂の /galleryでは福岡のlight years さんのスペシャルキルトの展覧会がスタートしました。

3回目の展覧会となる今回ご紹介するのは、ベンガルのごく限られた村で作られたキルトの数々。これらは、長い間ライトイヤーズさんが探していらしたものだったのだそう。前々回にご紹介させていただいた、インドのラリーキルトとはまた違い、数ミリのステッチが無数に連なり、美しい模様を作り上げています。

1枚の中でも少し褪色した部位があったり、綻びを別の生地で接いだ部分があったりと、似ている模様でも、それぞれの個体の特徴があり、何枚も何枚も広げてみたくなります。

エチオピアの一刀彫りで作られたスツールやコーヒーテーブルも併せてご紹介しております。こちらの作品も角の取れた無骨な温かみのあるスツール達です。

春からの生活に向けて、心機一転、お部屋の模様替えを計画してみてはいかがでしょうか?

皆様のご来店をお待ちしております。
(n)


64th exhibition
light years

2022.01.14 – 02.20
12:00 – 18:00
close monday


1月の月とピエロのパンの日

2021.12.28 shop blog

今年も一年、月とピエロさんのパンを食べて
健やかに過ごすことができました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
それでは、来年2022年1月の月とピエロのパンの日
をお知らせ致します。1月は1回のみとなりますので
お見逃しなく。

1月29日(土) / open:12:00~

最近のお気に入りのパンは、クグロフ。
一口サイズに手でちぎって、
あったかいカフェオレと一緒に食べるのが
幸せのひとときです。きっと、みなさんにも
その時その時のマイブームがあると思います。
ぜひ楽しんでみてください。

フリュイ、クグロフ、パンドミ

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策としてパンの量り売りは当面の間お休みさせていただきます。こちらで、適当分量カットしたパンを販売いたしております。
尚、入店人数を制限しながらご案内させていただきますので、ご了承ください。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

※エコバックをお持ちいただけますと大変嬉しいです。お持ちの方はお声かけください。
※※駐車場は1台のみになりますので、近隣のコインパーキングをご利用ください。路上駐車はご遠慮いただけますようお願い致します<y>

64th exhibition light years

2021.12.25 gallery exhibition

2022.01.14 fri.- 02.20 sun.
12:00→18:00

music:
Roberto Musci/Claudia, Wilhelm R and Me
Duval Timothy/All Things



photo by suzuki shizuka



ベンガルから来た布


インドは、ベンガル地方のイスラム教徒者が多く住むエリアでしか見つける事ができなかったという、少し厚めで、全体に赤と青の糸で刺し子(刺繍)がされているキルト。「light years」のホームページで見かけて一目惚れ。 思わず、ポチッとカゴの中に入れそうになった。待て待て、すぐ展覧会ではないか! とハヤる心を押さえて、福岡は博多に行ってきた。彼らのお店には、モロッコのベニワレンというラグや、インドのラリーキルト、アフリカの一本木彫りの椅子など、コロナ前に来た時と変わらない品揃えに、彼らの築いて来た海外との太いパイプ(信頼)を感じた。さらに、新店舗は「more light」というお店。そこは、また間違いなく半日はじっくりと時間を費やしてしまう無国籍のモノで溢れていた。いままでのコンセプトでは収めきれないモノたちを集めたという。私もそうだが、この人たちは、根っからの「モノが好き」な人たち。そして、その後ろにある人や、出会いをこよなく愛する人たちだ。ここ2年間のウズウズした気持ちが手にとるようだ。そろそろ旅に行かなきゃね。モノと出会いに行かなきゃね。もうすぐ、仕舞った翼を広げて、自由に海を越えれる日も近い。 辻和美



light years経歴

「strange to meet you」を合言葉に旅先での縁が赴くまま活動中。 福岡を拠点にモロッコのラグやインドのキルトなどを扱うショップ「light years」と世界中のカゴを集めた「1834(かごや)」、旅先で集めてきたものひとつひとつに光をあて紹介する場所として「more light」を展開。
www.light-years.jp

2022年 月乃音 中国茶稽古のお知らせ

2021.12.18 shop blog

2017年4月に月乃音 中国茶稽古が開講されて早いもので4年が経ち、5年目を迎えます。今年は、3月の井山三希子展での茶会からスタートして、5回のお稽古を開催することができました。今年のテーマのひとつとして、中国大陸の「福建省」のお茶を、歴史的背景、産地から産地への流れや、特徴を絡めて学びを深めました。
思い起こせば、お稽古が始まった当初は、中国茶稽古 というもの全てが、新しく出会うことばかりで、何もかもが新鮮でした。新しい出会いが、少しづつ知識となり、体験が経験となり、段々と回を重ねるごとに、今、すこーし点が点線くらいになってきたのでしょうか。
スタートした当初からご参加いただいている生徒さまも、12月のお稽古からご参加された生徒さまも、同じ空間で学ぶことで、また新たな気づきもあり、今年一年を振り返っています。来年もお稽古、開催致します!

それでは、2021年のお稽古日程のご案内です。



先日は、今年最後のお稽古がありましたので、その様子を少しご紹介させていただきます。
12月のお稽古のテーマは、福建省の茶産地 安渓(アンシー)の鉄観音の学びを深めました。「中国名茶之故郷」として、福建省の二大生産地は、安渓の鉄観音が南路を誇る茶産地として挙げられ、そして、北路の茶産地が武夷山の岩茶と言われています。また、安渓鉄観音は、武夷岩茶を起源としており、「炭焙」を施すことが古来の製茶の特徴であった「濃香型」が確立して、その後「清茶」さらに「密茶」そして、「陳香」へと時代と共に変容を遂げてきました。
今回のお稽古では、その古来の製茶、焙煎した香ばしい香の「濃香(ノンシャン)」と、緑茶に近い、爽やかな香の「清茶(チンシャン)」の飲み比べをしました。



また、今回のお稽古では、先月まで/galleryで開催しておりました岩田圭介さんの器を使って、お稽古を致しました。中国茶のお道具、茶器は、同じ用途でもいくつかの種類があります。それぞれの茶葉の特徴により、使う(選ぶ)茶器も変わります。お稽古を通して、その茶葉の特徴から、茶器を選ぶ、茶を最大限に美味しくいただくことも学びのひとつです。そして、先生がしつらえてくださる空間がお稽古の楽しみ、醍醐味でもあります。
今回のお稽古は、岩田さんのコロコロとした花入や、ころんとした丸みのある急須、それぞれの茶器のフォルムと、集まった時にみえてくる形、そして、茶器(モノ)と茶器(モノ)の 間(ま) が絶妙で、とても心地よく、コンポジション(構成)という言葉が浮かんできました。また、生徒さんが座っている場所によって、見え方、コンポジションも変わり、それがまたとても楽しく、深く、新たな感覚を味わえたひとときでした。


お稽古は、ご参加された方が、それぞれのタイミングで、心に響く何かに出逢い、ひとつ学びが深まります。もちろん忘れていくこともありますが、身体や心で実際に感じた感覚は、覚えているものです。その感覚を繋ぎ合わせて、点だった知識が点線に、そして、1本の線に、そして枝分かれしていくことが、これからの楽しみです。
ぜひファクトリーズーマの中国茶稽古にご参加されませんか。心よりお待ちしております<y>

魔法使いの手

2021.12.17 gallery blog

現在/galleryで開催中のkrank展。
作品をご覧になるお客様の顔は、皆さんとても優しいお顔をされています。
きっと、クランクの作品の中に登場する動物の穏やかな様子に同調されるのだと、さらに私たちも柔らかい気持ちになります。

これらの個性豊かな木彫りの動物、そのほとんどがヨーロッパのマーケットなどで藤井さんが見つけてこられたアンティークです。元々は、着色されたり、ニスなどの塗装を施してあったものを、クランクの家具と同様にそれらを全て剥がし、木の素材そのものの状態に戻しています。

鳥やクマなどお馴染みの動物から、キリンや象、カバなどちょっと珍しい動物も見られます。藤井さんのお話によると、キリンや象などは、おそらく元々は別の地域で作られて、人の手から手へとわたり、ヨーロッパに辿り着いたものではないか。とのことでした。
作品をじっくり見てみると、なるほど、どことなくワイルド(?)な顔立ちをしているように見えます。

買い付けには、ベルギーやオランダなどヨーロッパの色々な国を回られるそうですが、複数の国で出会ったものを組み合わせて一つの作品を作られることも多いそうです。

まるで最初からこのように向かい合っていたように見えるこちらのカバさんたちは、それぞれ別々の国で見つけてきた動物たち。もしかしたら、元々は同じ国の同じ場所で作られたものが、巡り巡って藤井さんの手によって引き合わされ、久しぶりの再会を果たしたようにも見えました。

こちらのフクロウのスタンドライトも、足元の本の部分、フクロウ、傘、全て別々の国で出会ったものたちで作られています。
じっくり見てみても、境目がわからないほど自然に組み合わされ、言われないと最初から一緒にあったと思われる方も多数です。

こんなふうに藤井さんの手によって、国境を越え、時代も越えて新しい命を吹き込まれた作品たち。藤井さんがだんだんと魔法使いのような、そんなふうに思えてきてしまいます。

少しずつ夜の時間が長くなるこの時期にぴったりの展覧会です。
今週末の金沢は雪の予報。雪景色の中の動物たちもぜひご覧位長けたら嬉しいです。ご来店お待ち申し上げております。
(n)

63rd exhibition
krank
2021.11.26 fri. – 2022.01.10 mon.
12:00 – 18:00
close:monday、12.30~1.2

1月のお休みのお知らせ

2021.12.11 calender

ショップとギャラリー、1月のお休みのお知らせです。

12月30日(木)〜2022年1月2日(日)まで年末年始のお休みをいただきます。1月3日(月)より通常営業となります。
川沿いの/shopは、定休日から続けてのお休みとなりますので、ご来店の際は、ご注意下さい。

引き続き、感染予防のため店内の人数を制限しながらの営業となりますので、状況によってはお待ちいただくか、少しお時間をあけていらして頂くようお願いする事がございます。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

各店舗の営業時間と定休日は下記の通りです。
・/shop 12:00-18:00 毎週火曜・水曜定休
・/gallery 12:00-18:00 毎週月曜定休(月曜が祝日の場合は火曜)


/shop (犀川沿い) 
1月 1日(土) 年末年始のお休み
   2日(日) 年末年始のお休み
   4日(火) 定休日
   5日(水) 定休日
  11日(火) 定休日
  12日(水) 定休日
  18日(火) 定休日
  19日(水) 定休日
  25日(火) 定休日
  26日(水) 定休日


/gallery (21世紀美術館横)

1月 1日(土) 年末年始のお休み
   2日(日) 年末年始のお休み
   4日(火) 3日(月)の振替のためお休み
  11日(火) 展示切り替えのためお休み
  12日(水) 展示切り替えのためお休み
  13日(木) 展示切り替えのためお休み
  17日(月) 定休日
  24日(月) 定休日
  31日(月) 定休日




・krank 展   11/26(金)〜 1/10(月)
・light years 展  1/14(金)〜2/20(日)

12月の月とピエロのパンの日

2021.12.10 shop blog

今日は青空が広がる暖かな日になりました。
きっと明日もお天気良さそうですね。
12月のパンのお知らせを致します。

11日(土)・25日(土)/open:12:00~

しっかり焼いたパンに、たっぷりバターを塗ってかぶりつき、
口の中でもぐもぐしながら小麦の香りが鼻から抜けていく。。。
あのひとときがたまりませんね。
暖かくしてお出かけください。お待ちしております。

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策としてパンの量り売りは当面の間お休みさせていただきます。こちらで、適当分量カットしたパンを販売いたしております。
尚、入店人数を制限しながらご案内させていただきますので、ご了承ください。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

※エコバックをお持ちいただけますと大変嬉しいです。お持ちの方はお声かけください。
※※駐車場は1台のみになりますので、近隣のコインパーキングをご利用ください。
路上駐車はご遠慮いただけますようお願い致します<y>



krank展 開催中です

2021.12.4 gallery blog

/galleryの前の欅もすっかり葉を落とし、いよいよ寒い北陸の冬がやってきます。
11/26(金)よりスタートしたkrank展。
初日と2日目には、krankの藤井さんが在廊してくださり、展覧会を楽しみにしてくださったお客様たちの楽しそうな笑顔が溢れました

前回の展覧会では動物たちを組み合わせた美しい椅子が一面に広がりましたが、2年ぶりの今回、どんな作品を制作してくださるのか、お客様はもちろん、私たちもとてもとても楽しみにしていました。

ズーマギャラリーでご紹介させていただくようなkrankの作品たちは、ご自身でヨーロッパに買い付けに行き、そこで出会ったアンティークの動物や家具を組み合わせてオリジナルの家具を作られています。今回の作品も、ほとんどが、このコロナ禍の中、ズーマの展覧会のためにオランダやベルギーなどに足を運んで藤井さん自らが出会った動物たちだそう。

作品をご覧くださったことのある方ならすぐにお分かりいただけるように、krankの作品をみていると、そこにいる小さな動物について、様々な物語を思い浮かべてしまいます。それは、見る方それぞれで違い、どんなふうに見えるかというお話をお客様とすると、ご覧になった方それぞれに違い、面白くもあります。そんな作品たちが出来上がるきっかけは、藤井さんがマーケットで動物たちと出会った時に「こんな風に組み合わせよう」と、インスピレーションが沸くのだそうです。

愛らしいフォルムで少し首を傾げ見上げた羊や、古い時計の中を覗き込む小鳥。まるで、誰も使わなくなった時計の中に巣を作りそこに大切な雛鳥が居るかのようにも見えます。

お買い上げいただいた作品も、お客様のご厚意で展示させていただいておりますので、ぜひ、この機会に実際に作品一つ一つをご覧になりにいらして下さい。心地よい光の中でたくさんの動物たちがお待ちしています。



ご来店お待ち申し上げております。
(n)

63rd exhibition
krank
2021.11.26 fri. – 2022.1.10 mon.
12:00 – 18:00
close:monday、12.30〜1.2

krank展スタートしました

2021.11.26 gallery blog

北陸の冬らしいお天気が続いていますが、時折見える晴れ間に美しい紅葉の風景が見られ、残りわずかな秋を感じています

本日より、広坂の/galleryでは2年ぶりのkrank展がスタートいたしました。
ご来店くださったお客様ありがとうございました。
今回も、藤井さんがオランダやベルギーなどのヨーロッパで買い付けてきたアンティークの動物たちと、アンティークの家具やパーツなどを使い作られた優しい作品たちが、ギャラリーに並びました。
一つ一つにストーリーが感じられ、動物たちの愛らしい様子にため息が出る作品ばかりです。
いつもより少し店内の照明も落とし、心地よいランプの暖かなあかりが灯ったギャラリーにぜひお越しください。

来年1月まで続く長い会期となりますので、ぜひ、1日の中で違った時間、または、これからの雪景色の中の動物たちなど、色々なタイミングでご覧いただけたら嬉しいです。
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

63rd exhibition
krank
2020.11.26 – 2021.1.10
close:monday、12.30-1.2

12月のお休みのお知らせ

2021.11.18 calender

ショップとギャラリー、12月のお休みのお知らせです。
12月30日(木)〜2022年1月2日(日)まで年末年始のお休みをいただきます。1月3日(月)より通常営業となります。
川沿いの/shopは、定休日から続けてのお休みとなりますので、ご来店の際は、ご注意下さい。

引き続き、感染予防のため店内の人数を制限しながらの営業となりますので、状況によってはお待ちいただくか、少しお時間をあけていらして頂くようお願いする事がございます。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

各店舗の営業時間と定休日は下記の通りです。
・/shop 12:00-18:00 毎週火曜・水曜定休
・/gallery 12:00-18:00 毎週月曜定休(月曜が祝日の場合は火曜)


/shop (犀川沿い) 
12月1日(水) 定休日
   7日(火) 定休日
   8日(水) 定休日
  14日(火) 定休日
  15日(水) 定休日
  21日(火) 定休日
  22日(水) 定休日
  28日(火) 定休日
  29日(水) 定休日
  30日(木) 年末年始のお休み
  31日(金) 年末年始のお休み
 1月1日(土) 年末年始のお休み
   2日(日) 年末年始のお休み
   4日(火) 定休日
   5日(水) 定休日



/gallery (21世紀美術館横)

12月6日(月) 定休日
  13日(月) 定休日
  20日(月) 定休日
  27日(月) 定休日
  30日(木) 年末年始のお休み
  31日(金) 年末年始のお休み
 1月1日(土) 年末年始のお休み
   2日(日) 年末年始のお休み
   4日(火) 3日(月)の振替のためお休み




・krank 展     11/26(金)〜 1/10(月)

pagetop