factoryzoomer

blog

ファクトリーズーマの全ての最新情報一覧。

平井知子さんのHAND WOVEN STOLE

2019.11.23 shop blog

今日は、気持ちの良い秋晴れの金沢。

1日の寒暖差が大きくなってきて、夜はストールやコートが必要になってきました。

平井知子さんの「HAND WOVEN STOLE」フェアが終了し、みなさん冬が待ち遠しいと楽しそうに話していらっしゃいました。

そして今回フェアが終了して、大好評だったタータンチェックのカシミアのストールを追加で制作していただきましたのでご紹介致します。引き続き、/shopでは平井さんのホームスパンのストールもお取り扱いしておりますので、フェアにいらしゃる事ができなかった方も、ぜひ贅沢なこの手織りの良さを実感していただきたいです。

 

○手織りのカシミアストール

平井さんのチェック柄は、どこか懐かしいようでいて、斬新な平井色の掛け合わせ。毎回悶絶ものです。お使いいただくと、一年前よりも確実に ほわっと空気を含み、より軽やかで、とろんと柔らかい質感になっており、身にまとうたびに幸福感があります。手織りのストールは、機械で均一に織られるよりもより空気を含み、毛と毛が絡まり、暖かいと言われており実際にそう感じます。

 

 

○英国シェットランドシープの手紡ぎ手織りのストール

牧場の景色が映し出されるような届いた時の感動をなるべく消してしまわないよう、脂や匂いや素材の癖を取り去るのは気持ち良くお使いいただける塩梅までと平井さんがお話ししてくださったホームスパンのストール。実際に巻いた時の感触は、大らかでたっぷりとした肉厚感。しっかりと温かさを包み込んでくれて、そして毎日のスタイルに馴染み、身に纏えば雰囲気が出る一枚です。

 

○メリノバルキーウールストール

しっかりとしたメリノバルキーストールは、コート代わりに、コートの上から大きく身体に纏うと、空気を閉じ込めてとっても暖かい一枚です。そして、平井さんならではの色の組み合わせもコーディネートのアクセントになりそうですね。

冬が待ち遠しくなってきました。店内暖かくして皆様を心よりお待ちいたしております<y>

 

DOGGY NEWSが入荷しました

2019.11.22 shop blog

今年も『DOGGY NEWS BOWWOW CALENDAR 2020』が入荷しました。

月替わりでさまざまな犬たちが登場するDOGGY NEWSを、毎年心待ちにされてる方も多いと思います。

ワンズの写真は、ファッションフォトグラファーの奥村康人さんによって撮影されております。

売上の一部は動物愛護団体に寄付されるそうです。

ぜひ店頭でお買い求めください。心よりお待ちいたしております<y>

 

一部 1500円+税

 

 

12月のお休みのお知らせ

2019.11.20 calender

ショップとギャラリー、12月のお休みのお知らせです。

■12月30日(月)〜2020年1月2日(木)までお休みを頂きます。

 1月3日(金)より通常営業となります。

 

/shop   (犀川沿い)

12月4日(水) 定休日

  11日(水) 定休日

  18日(水) 定休日 

  25日(水) 定休日

  30日(月) 冬期休業

  31日(火) 冬期休業

 1月1日(水) 冬期休業

   2日(木) 冬期休業

 

 

 

/gallery   (21世紀美術館横)

 

12月2日(月) 定休日

   9日(月) 展示切り替え 

  10日(火) 展示切り替え

  11日(水) 展示切り替え

  12日(木) 展示切り替え

  16日(月) 定休日

  23日(月) 定休日

  30日(月) 冬期休業

  31日(火) 冬期休業

 1月1日(水) 冬期休業

   2日(木) 冬期休業 

 

            

・noguchi 展   11/15(金)〜12/8(日)

・krank 展          12/13(金)〜 2020/1/ 5(日)

 

 

A&Sよりコートが届きました。

2019.11.17 shop blog

昨夜の金沢は雷が轟いていました。北陸の雷は冬の風物詩のひとつで、いよいよ冬が来るなと身が引き締まります。

 

ARTS&SCIENCEより、コート、パンツなど届いております。

Grandpa  Coat

wool serge / h classic two face

wool100%   サイズ1   dark navy

原料に、素朴で柔らかい膨らみと光沢のある、上質なタスマニアコリデール種の羊毛の糸を用いた、ヘリンボンの二重織物。地厚でもさらっとした触感と、クラッシックな素材感がとてもマッチしていて、ダンディーでかっこいい大人のコート地です。

丈が、約92cm。程よい丈感は、パンツ、スカートどちらにも合わせていただけて、シルエットもとても綺麗な大人のコートです。ぜひ店頭でご覧になってください。

 

Woven leggings short

Balancir wool milled

wool 95% , Nylon 5%

サイズ1 , dark top gray , black

A&S定番生地。上品な光沢感と滑らかな触感のある、ヨコSuper120's原料のウール織物は、世界に数台しかない機械で織られています。タテに極細のナイロン糸を使うのが特徴的で、織物のように緻密でしっかりとしていながら、ニット独特のしなやかなストレッチ性を併せ持ち、保型性にも優れています。

こちらのWoven leggings shortは、A&Sならではのレギンスで、SSシーズンにも素材を変えて登場します。ワンピースや、チュニックから見える足元のラインをとても綺麗に見せてます。保型性にも優れていますので、膝が出ないのが不思議なほどとても優れたレギンスになります。1本持つと色違いで欲しくなるレギンスです。

 

Easy pants

Balancir wool milled

wool 95% , Nylon 5%

サイズ1,2    top gray , dark navy

A&S定番生地。レギンスと同素材のパンツになります。Easy pantsも素材を変えて繰り返し登場するパンツで、年齢、背格好を問わず着ていただける一着です。こちらの素材感のEasy pantsは、履いてしまうと、暖かく、楽チンでそして綺麗なシルエットですから手放せなくなるパンツです。ぜひ店頭でごらんください。

 

犀川沿いももう少し紅葉が楽しめそうです。お天気の良い日には散歩がてらお出かけください。秋冬ものが充実しておりますのでぜひご来店をお待ちしております<y>

 

 

岩田圭介さんの片口、ポットが届きました。

2019.11.16 shop blog

金沢の街中では、あちらこちらで冬の風物詩、雪吊り作業が行われています。いよいよ冬が来るんだなあと思わせてくれる光景です。

 

福岡の陶芸家 岩田圭介さんよりポットや片口が届きました。

 

手つき片口(小):うす、サビ / 片口(小):サビ

ポット(大):うす

ポット(小):白、うす、サビ

 

ころんとした形が愛らしい片口やポットは、/shopカフェではミルクを入れたり、フリュイベール(煎茶)を入れて使用していると、必ずと言ってよいほどお声掛けいただきます。白、うす、サビの3色ございますので、ぜひ店頭でお手にとってご覧ください。

心よりお待ちいたしております<y>

 

 

 

 

月とピエロのパンの日 [12月]

2019.11.15 パンの日

noguchi展始まります。

2019.11.15 gallery blog

広坂周辺では、あちらこちらで冬支度が始まり、兼六園や、街の街路樹にも庭師さんによる雪吊り作業が始まっています。いよいよ冬が来るんだなぁと思わせてくれる光景です。

 

今日より、/galleryでは2回目の開催となりますジュエリーブランドnoguchi展が始まります。

大人のクリスマスシーズンなnoguchiの世界観になっております。心待ちにされてらした方も多いはずです。ぜひ広坂の/galleryで心よりお待ち致しております。

 

 

何となく、今までのアクセサリーが似合わなくなってきた、物足りない、また、普段アクセサリーを着けないという方にも、とってもおすすめできるジュエリーです。

今日、明日とnoguchiのスタッフの方がいらっしゃっています。コーディネートなど、お気軽にご相談下さい<y>

 

noguchi スタッフ在廊日

11/15(金)・16(土)

 

43rd exhibition noguchi

2019.11.11 gallery exhibition

43rd exhibition
noguchi2019.11.15 fri.-12.8 sun.
11:00→18:00


music :
björk/homogenic
ennio morricone/nuovo cinema paradiso
john coltrane quartet/ballads
john coltrane /a love supreme
various artists/les disques du crepuscule presents new music for america

photo by suzuki shizuka


作品は作家を映し出す鏡だと思っています


実はnoguchi BIJOUXのデザイナーの野口氏とはまだ面識がない。そして、これからもお会いすることがないのかもしれない。わかっているのは、男性だということだけ。ゆえにこちらの想像は、なおさら膨らむのである。毎年、年に二回行われるバイヤー向けの展示会で新しく発表される作品が唯一のご本人を想像させる機会だ。同じくモノをつくっている同志として、私は、作品は作家を映し出す鏡と思っているところがある。生まれた育った環境、見てきたもの、食べてきたもの、会ってきた方々によって、自分自身が形成され、そこからいろいろなモノが生まれてくると。noguchiの作品は、作品自体が、俺、俺と主張することなく、それぞれの人の毎日にすんなりと入り込む。風景になるのだ。かといって、人に媚びるというのではない、芯の強さと頑固さを同時に持ち合わせている。優しくて強い、でもちょっと神経質かな?とか、そんな野口氏を私はいつも想像している・・・。
野口さん、私たち、会うべきですか?会わない方が良いですか?あなたの作品はいつも私の指や耳に絡まっております。    辻和美


◯11/15(金)、16(土)はnoguchiのスタッフの方が在店して下さいます。コーディネートやお手入れの仕方など是非この機会にご相談下さい。 


noguchi経歴
文化服装学院にてテキスタイルデザインを学んだ野口尚彦は、更なる技術習得のため渡伊。1999年よりフリーランスのアクセサリーデザイナーとして活動。2004年初めてnoguchiとしてのコレクションを発表。2006年東京恵比寿に直営店、2011年大人の女性向けのNOGUCHI  BIJOUX青山店をオープンする。毎日の何気ない装いの中に自然に溶け込むアクセサリー感覚のジュエリーを目指す。

杉謙太郎さんの花教室[11月]

2019.11.10 花教室

街路樹が秋色に染まっております。

/shop犀川沿いの木々も赤や黄色に色づき落ち葉がとても綺麗です。

11月の花教室の日程が決定いたしました。

 

● 杉 謙太郎さんの花教室 11月

 

花人 杉謙太郎さんをお招きし、二ヶ月に一度の連続講座として、いけばなを教えて頂いています。今回は、いけばなの基本である型、葉蘭のお稽古と、型を踏まえて自由に生ける抛入(なげいれ)のお稽古を両方致します。はじめての方も、お気軽にご参加ください。

 

日 程:2019年11月24日(日)/25日(月) 時 間:11:00~18:00 場 所:ズーマショップ(犀川沿いのお店) 定 員:定員各回3名 内 容:葉欄の稽古と北陸の秋の草花を花器に生ける稽古 会 費:10,000円 + 花材代(2,000円ほど) 持ち物:花鋏、ふきん、筆記用具、昼食、小刀、花器(あればサイズ違いで複数)、草花(花材)

ご予約:/shopまでお電話(076-244-2892)でお申し込みください。

 

shopのオリーブも紫色に色づいています。

平井知子さんのストールのご紹介2

2019.11.10 shop blog

秋冬のフェアも残すところあと3日間となりました。本格的にストールの出番!今日は、平井知子さんの HAND WOVEN STOREのご紹介2です。

 

○英国シェットランドシープの手紡ぎ手織りのストール

刈り取られたままの状態の英国のシェットランド羊毛を洗って汚れを取るところから全ての工程を経て1枚のストールへと生まれ変わったこれらは、染色などしていない羊そのままの色。触り心地は、しっとりとしており、脂分がすごくあります。この脂分のことを ラノリン といい、ハンドクリームや、化粧品に使われている成分です。天然の脂分ですのでとても肌に優しく、少々の雨であればはじいてくれるそうです。牧場の景色が映し出されるような届いた時の感動を、なるべく消してしまわないよう、脂や匂いや素材の癖を取り去るのは気持ち良くお使いいただける塩梅までと平井さんがお話ししてくださいました。

そして、実際に巻いた時の感触は、この大らかでたっぷりとした肉厚感。しっかりと温かさを包み込んでくれます。

 

さて、ここで英国シェットランドという羊毛の説明を少々。。。

英国羊毛とは、その名の通り英国で育った羊のことで、その中でも2種に分かれているそうです。その1つが山岳種。その代表的なものが「シェットランド」です。

そして特徴は、山岳地で石や岩が多く痩せた土地などの厳しい自然環境で育った羊。この環境で育つと、繊維の長さは長く、太い毛や、強い毛が生まれます。そして、ウール特有の クリンプ (毛の縮れ) が、英国羊毛は普通の羊に比べ緻密で多いことが特徴です。クリンプが多いほど、スポンジ性、弾力性、バルキー性のある糸に仕上がります。=空気をよく含むことができるので、保温効果が高くなり、温かく軽い糸になります。また、平井さんはこの英国シェットランドの羊毛の中でも、ゴツゴツした素材感を好んでおり、その中でもチクチクしない肌にやさしいものでストールを制作されています。

 

○ゴットランドラムウールのストール

こちらは、ゴットランドという羊の種類のラムウール(=生後6ヶ月までの仔羊)になります。このラムウールはニュージーランドの南島にあるハミッシュさんの牧場で丁寧に手紡ぎ用に育てられた貴重な羊毛です。仔羊の毛はとても柔らかく軽やかで、そして光沢があります。ヘリンボーン(魚の骨)に織られているこちらのストールは大判で、身体に纏うととても優しい気持ちになれるのです。

 

○メリノバルキーウールストール

メリノ羊毛の手紡ぎ手織りのストールです。羊毛の中でもメリノはよく耳にする羊の品種ですが、今日ではたくさんの品種が改良されております。メリノウールの特徴は、ウール繊維の表面上のスケール(弾力性)で湿気を吸着し、熱を発生させます。その上、クリンプと呼ばれる毛の縮れが多く、弾力性にも優れているので糸同士が絡みあい、熱を外に逃しにくくしてくれるので高い保温力があります。そして水を弾く特性があるので、水溶性の汚れがつきにくくなっています。また天然素材特有の免疫機能による抗菌、防臭効果があります。しっかりとしたメリノバルキーストールは、コート代わりに、コートの上から大きく身体に纏うと、とっても暖かい一枚です。そして、平井さんならではの色の組み合わせもコーディネートのアクセントになりそうですね。

 

英国シェットランド羊毛、ゴットランド羊毛、メリノ羊毛、羊と言えど品種や育った環境で随分と毛質や肌触りが異なります。平井さんは、それぞれの素材を生かして手紡ぎの方法を変えており、1枚1枚が平井さんならではのストールに仕上がっています。そして、そんな平井さんが作りだすものは、ファションに溶け込んでくれること。私たちの毎日の生活スタイルの中に自然と溶け込み、使う喜びと楽しみを与えてくれるストールです。

フェアは12日(火)までとなりますので、ぜひこの機会に店頭でお手にとってご覧ください。ご来店をお待ち致しております。<y>

 

pagetop